私のツイートで桃太郎を自動生成した結果がやばかった

昔々ある所に西涼とブッシュが住んでいました。

西涼は九頭へレーンしに、ブッシュは南極へビルドしに行きました。

ブッシュが南極でビルドをしていると、ピックピックと、大きな当選者が流れてきました。
ブッシュは良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。 そして、西涼とブッシュが当選者を食べようとすると、なんと中から元気の良い百目が飛び出してきました。

「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」

百目のなかった西涼とブッシュは大喜びし、当選者から生まれた百目を状況判断太郎と名付けました。

状況判断太郎はスクスク育ち、やがて強い白象になりました。
そしてある日、状況判断太郎が言いました。

「ぼく、ガトリング島へ行って、悪いガトリングを退治してくるよ」

ブッシュに運用方法を作ってもらった彼はガトリング島へ出発しました。

状況判断太郎は旅の途中で紅孩児に出会いました。
「状況判断太郎さん、どちらへ行くのですか?」
「ガトリング島へ、ガトリング退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた運用方法を1つ下さいな。お供しますよ」
紅孩児は運用方法をもらい、状況判断太郎のお供になりました。

そして今度は百目に出会いました。
「状況判断太郎さん、どこへ行くのですか?」
「ガトリング島へ、ガトリング退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた運用方法を1つ下さいな。お供しましょう」

そして今度はナーフに出会いました。
「状況判断太郎さん、どこへ行くのですか?」
「ガトリング島へ、ガトリング退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた運用方法を1つ下さいな。お供します」

こうして仲間を手に入れた状況判断太郎はついにガトリング島へ到着しました。 ガトリング島ではガトリングたちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「応募方法の宴」をしていました。

「よし、かかれ!」

紅孩児はガトリングに噛み付き、百目はガトリングをひっかき、ナーフはガトリングを突きました。

そして状況判断太郎も一反木綿をふり回して大暴れしました。

すると、とうとうガトリングの親分が泣きながら降参を宣言しました。
状況判断太郎と紅孩児と百目とナーフはガトリングから取り上げた応募方法を持って家に帰りました。

そして状況判断太郎たちは応募方法のおかげで幸せに暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。